初雁歯科クリニック
新宿御苑前駅徒歩1分の歯科医院

予防歯科

当院では、クリーニングはもちろんですが、歯磨き指導を行いご自身でしっかりお口の中を清潔にできるようになっていただきます。

なぜ歯を磨くのか?

まずは、ちょっと歯の表面を楊枝などでこすってみましょう。

白いネバネバした塊が付いてきましたか?この白いネバネバした塊はプラーク(歯垢)といって、お口の中の様々な菌と菌が作り出すネバネバした物質のかたまりです。

虫歯や歯周病になる原因は細菌がだす酸や毒素なのですが、プラークの中の菌が作り出します。

虫歯や歯周病にならない為にプラークを取り除がなければなないのですが、プラークはネバネバしていて擦らないと取れません。

なので、歯を磨く必要があります。

ちなみに、食後およそ4~8時間ほどでこの歯垢が作られてしまうため、毎食後の歯みがきが大切です。

歯垢は細菌の塊で、1gあたり1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。

また、食べカスが歯に残っていると口臭の元にもなりますから、エチケットとしても歯を磨くのは大切です。

歯石って何?

歯石とは一言で言えばプラークが硬くなったもののことです。

プラークはおよそ2日間ほどで歯石へと変わってしまうと言われています。

そのため歯みがきがしにくい「歯と歯ぐきの境目」や「歯と歯の間」にできやすく、歯石はその名前の通り石のように硬いので、一旦歯に付いてしまうと歯ブラシでは取れず、歯科医院で取り除いてもらわなければなりません。

歯の表面に歯石がついてしまうと、歯石の内側で空気がない状態が好きな菌がどんどん増えていきます。

その菌は歯茎の内側へと侵食してゆき、歯茎は腫れます。いわゆる歯周病になってしまいます。

そのまま放置しておくと、いつの間にか歯がグラグラ揺れてきて抜けてしまいます。歯を支えている骨が無くなってしまうからです。

なぜ歯科医院で歯のクリーニングを受けなきゃいけないの?

プラークを除去するには、毎日の歯みがきが重要です。よく磨いたつもりでも、歯と歯の間は磨き残しが多く、大部分にプラークが残っています。

そのプラークが歯石になってしまうと、歯ブラシで磨いただけでは取れなくなってしまうので歯科医院で専用の器械を使って取る必要があります。

さて、歯石取りは国が指定したルールに基づいて、地域が決めた回数に分けて行わなければいけません。

1度に早く歯石の除去を行いたい患者様や、毎月行いたい患者様には自費クリーニングをおすすめしております。

正しい歯の磨き方を教えてもらえるの?

もちろんです!毎日の歯磨きが治療の一環としても一番大事になります。

初雁歯科クリニックでは、患者様ひとりひとりの状態に合った歯磨き法をレクチャーしています。

プラークを除去するためには、ハブラシに加えて、歯間クリーナー(歯間ブラシやデンタルフロス)の使用が大変効果的です。

正しい歯のみがき方を身につけて、プラークを除去し、ムシ歯・歯周病を防ぎましょう。

歯を磨く時に歯磨き剤って必要なの?

プラークは基本的には正しく歯磨きをすることで取れますが、虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き剤をぜひお使いください。

かつては、歯磨き剤が泡立ちすぎたり爽快感が強くて歯を磨けていなくても磨けた気になってしまったり、研磨剤が強力すぎて歯を傷つけてしまう恐れがあったことから、『歯磨きに歯磨き剤は使わないで』という指導が多かったです。

ですが、現在は歯磨き剤の成分も改良されて90%の歯磨き剤に虫歯予防に有効なフッ素が入っており、世界保健機関(WHO)でも虫歯予防効果が最も期待される方法として 『フッ素(フッ化物)入りの歯磨き剤を使うこと』と認められています。