初雁歯科クリニック
新宿御苑前駅徒歩1分の歯科医院

院長紹介

☆院長略歴

院長/ 歯学博士
川田智恵子(かわだちえこ)
日本アンチエイジング歯科学会認定医
NPO日本食育インストラクター協会

川田院長

日本大学歯学部卒業。
日本大学歯学部歯科補綴学教室Ⅲ講座に在籍。
その後、千葉県内、東京都内の歯科医院で勤務を経て
初雁歯科クリニック開業に至る。

☆院長メッセージ

こんにちは。初雁歯科クリニック院長の川田智恵子です。

私は大学院を卒業してからさまざまな医院で研鑽を積んで参りましたが、
その中で患者さんとスタッフが安心して通うことができる歯科医院をつくりたいという想いが強くなり、
2014年に学生時代よりお世話になった新宿一丁目・新宿御苑前で開業いたしました。

当院のポリシーは
「患者さんの心に寄り添った歯科診療を行うこと」です。

患者という漢字は心に串がささった者と書きます。

私たち歯科医師はやもすると技術ばかりに目が行ってしまい
患者さんではなく口腔内だけを診てしまう傾向にあります。

しかし、たとえば同じような虫歯でも、その背景は患者さんそれぞれ違います。

私たちは口腔内を通じて人を診るべきではないでしょうか。

皆さんが毎日楽しくお食事できるよう
自信を持って笑顔でいられますよう
お手伝いができたらと思います。

一緒に頑張っていきましょう。

☆インタビュー

1.歯医者さんを目指したきっかけを教えてください。

父が医師だったので、幼い頃から医療は身近なところにありました。
高校生になった頃に手先の器用さとオリジナリティを発揮しやすい歯科医師になりたいと思いました。

2.この仕事にやりがいを感じるときはどんな時ですか?

患者様に喜んでいただけた時はもちろんですが、その後、定期検診などでお越しいただけたときに嬉しく思います。
また、新宿御苑前界隈で偶然患者様に会った際、気持ちよくお互いに挨拶できた時は安心します。

3.今まで見てきた患者様との印象に残っているエピソードを教えて下さい。

たくさんありすぎますが、ご常連の皆様とのお話はいつも為になることだらけで楽しいです。
あえて言うなら、他院で抜歯と言われた歯をなんとか残してメンテナンスになった患者様が遠方にお引っ越しされたのですが、その後、季節ごとにお葉書を送ってくださっています。
通院は難しくなられても、心に残る歯科医院になれていたならとても嬉しいです。

4.マイクロスコープ治療を導入したきっかけを教えてください。

開業する前にある芸能人の奥歯の根の治療をしていました。複雑な形の歯でとても手指の感覚だけでは難しいと感じて、開業したらマイクロスコープを使ってしっかり治療させていただこうと導入しました。

残念ながら開業前にその患者様は亡くなってしまいましたが、大の歯医者嫌いだったのにしっかり通院してくれた上にブログで『歯医者嫌いでも楽しく通える』と褒めてくれていました。
訃報のニュースを見たときはとても悲しかったのですが、患者様との出会いは一期一会だと思ってひとりひとりを大切にしようと強く思いました。

5.どんな患者様が多いか傾向はありますか?

歯科医院が久しぶり(年単位)の方やクリーニング希望の方が多いです。
以前は40代以上の男性ばかりでしたが、最近では30代前後から80代までの幅広い年齢の方、男女問わずいらっしゃっています。

6.SNS(Instagram,Twitter)で食べ物に関する投稿をしているのはどうしてですか。

医食同源という言葉にもあるように、毎日楽しく、おいしく食事をいただくことは、健康で充実した生活につながります。
その食生活で重要な役割を果たすのが歯です。

食べたり飲んだりすることを禁止するのではなく、しっかり食べて、その後はしっかり、歯を磨く。
虫歯や歯周病になったら早期に治療する。食生活のサポートをするのが、歯科医の役割の1つと考えています。

虫歯の予防や歯のメンテナンスでも、定期的にご来院いただいて、歯の健康をチェックして、安心して日々の食生活を楽しんでいただければと思います。

初雁歯科クリニックInstagram
初雁歯科クリニックTwitter

7.今後の展望を教えて下さい。

一言で言うと『問題がなくても来たくなる歯医者』を目指しています。しっかり治療した後は、キープしてもらうのはもちろん、よりキレイな口元を目指して欲しいです。

願わくば、予防歯科に特化したフロアを構えたいです。その為には、任せられる歯科衛生士の育成はもちろん、患者様にももっとご自身の口腔に欲を持ってもらえるよう(笑)私がもっと努力していかないといけませんね。

川田院長とスタッフ